Garden Column

最新ニュース、お庭づくりに役立つマメ知識、もっと家まわりを楽しむアイデアなど、旬な情報をお届けします

見えないコストとリスク
-本当に伝えたい外構工事のあれこれ―

  • 閲覧数76

外構工事について、皆さんに本当に大切にしてほしいことをお伝えします。

こんにちは!愛知県安城市、刈谷市、知立市を中心に三河地域の外構・エクステリアの設計および施工を行っている株式会社ルボワです。ルボワについての詳しいご案内は、ぜひこちらをご覧ください。

4月も中旬に差し掛かり、そろそろ新しい生活にも慣れ始めた頃でしょうか。この季節になると、外構業界は少しずつ依頼が増え始めます。暖かくなって、慌ただしかった日常が落ち着きを取り戻し始めると、ふと今まで気に留めていなかったところに気が付きます。例えば「お庭のあの場所に芝を敷いたらどうだろう?」とか「そういえばカーポートを取り付けたかったんだよなぁ…」とか。

今回は、新築でもリガーデンでも、これから外構工事を考える方へ向けて、参考にしていただきたいコストとリスクについてお伝えします。

目次

  1. 見えないコストとリスクとは
  2. 理想のお庭をつくるためには
  3. 今回のまとめ

見えないコストとリスクとは

はじめに、外構工事を行う際にどんな人たちが関わっていると思いますか。「コンクリートを敷設するなら…左官屋さん?」「木を植えたいなら…植木屋さん?造園屋さん?」 考えてみると、「意外と知らない」もしくは「何があるのかさっぱり」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、次にあげる業者の中から、仮にお客様が駐車場に「コンクリート舗装のみ」を施工したい場合はどこに依頼するべきか考えてみてください。

解体業者、土木業者、ブロック工事業者、コンクリート舗装業者、左官職人、アルミ組立職人、鉄工業者、建築業者、水道業者、電気業者、造園業者、外構業者、建築設計事務所、商社、工務店、アルミメーカー、ハウスメーカー……

思ったより、たくさんの業者があると思いませんか。これらはすべて、日々、弊社が取引をしているような外構に関係する業者です。これだけ多いと、それぞれの違いも分からず、考えること自体を諦めてしまいそうになりますよね。

しかし、これだけ外構に関係する業者はたくさんありますが、金額だけで考えるなら、お客様が直接、舗装業者に依頼をするのが正解で、最もコストを抑えられます。舗装を専門に行っている業者ならば、技術力は確かでしょうし、お客様と会社の間に仲介する人もいませんので、無駄なマージンも存在しません。

ただ工事依頼の際には、業者との内容や日程調整、近隣への配慮なども必要になりますし、実績をともない、十分な品質が確保できる業者かどうかはご自身で調べる必要もあります。相手がプロであることに安心はするものの、内容が専門的すぎると、正しく理解、判断するのに時間がかかってしまったり、十分な意思疎通が図れなかったり、結果として「本当にこれで良かったのだろうか」という疑念を持つことになる可能性も否定できません。さらに、一概には言えませんが、業界の中においては、補償、アフターサービスが充実していない業者も少なくありません。

つまり、直接のコストは抑えられますが、お客様の手間がかかるのと、補償が必ずしも手厚いとは言えない点から、ここで見えないコストとリスクを抱えることになります。

理想のお庭をつくるためには?

それでは、総合的に外構や造園の空間をつくる場合はどうでしょうか。

先に例として挙げたようにコンクリート敷設だけではなく、門周りやアプローチ、カーポートなどから始まり、ちょっとしたスペースに植物を植えたり、お庭にウッドデッキを設置したりと様々な要素が関係してきます。

そういった工事には、大勢の専門業者の力が必要となり、それらをすべてお客様がご自身で手配を行うのは、なおさら知識と労力が必要となります。いくつもの業者にそれぞれ連絡をして、打ち合わせをして…。分からないことに加えて、手間が増えることを考えるとなかなか踏み出せませんよね。

しかし、良いものをつくるには、適材適所の配置で、それぞれが持っている力を最大限発揮してもらうこと、工程や品質管理をして滞りなく工事を進めていくことが非常に重要となってきます。そしてそれは、とてもエネルギーのいることなのです。

そこで、私たちルボワはお客様に代わって工事の計画、指示を行い、お客様のご負担を減らし、さらに安心をしていただくべく工事全体の管理と品質保証も行っています。

デザインをするだけではなく、いくつもの業者や職人を統括し、最善の理想空間をつくりあげるのが我々の役割だと考えているからです。

今回のまとめ

例えば、駐車場にコンクリートを敷設したいというだけでも様々な会社がありますので、どこに依頼をするべきなのか、正解が分からずあれこれと悩んだり、不安になったりすることがあると思います。それは、そもそも外構やお庭というものに多くの要素が絡んでいるからであり、その分多くの専門業者が関わっているからです。

その中から、コストは低く、技術は高く、さらに安心安全な業者を探すということは非常に判断が難しく、さらには労力もともないます。この時点で、技術力や補償に対する疑念や不安といった目には見えないコストとリスクを負うことになってしまうのです。

しかし、そこで諦めてしまうのではなく、ルボワのような外構・お庭の総合窓口を見つけていただければ、お客様の負担も減り、なおかつ各工事の専門家(植栽なら造園、舗装なら左官など)に工事をお願いすることができます。

「分からないことこそプロに聞きたいのに、その頼るべきプロが分からない…」といった悩みを抱えるまえに、ぜひ一度ルボワへご相談ください。お庭の総合プロデュースができる私たちと、一緒に理想の空間を作っていきましょう。

    If you like this
    Please click.
    Click to share.
    thank you!

Message

思えば庭は
最高の学び舎でした。

FAQ

よくいただくご質問への回答集を
ぜひお役立てください。

Contact

お庭に関するご質問、ご相談、
何でもお気軽にご相談ください