Garden Column

最新ニュース、お庭づくりに役立つマメ知識、もっと家まわりを楽しむアイデアなど、旬な情報をお届けします

最適な駐車場の広さはどのくらい?
知っておくと便利な駐車場の基礎知識

  • 閲覧数165

駐車場についての予算取りや駐車に必要なサイズなど、まず基本を押さえましょう!

こんにちは!愛知県安城市、刈谷市、知立市を中心に三河地域の外構・エクステリアの設計および施工を行っている株式会社ルボワです。ルボワについての詳しいご案内は、ぜひこちらをご覧ください。

外構のご依頼をいただく際に一番要望の多いのが「駐車場」です。

これから外構工事を行う方も、「そろそろやりかえようかな…?」と思っていた方も参考にしていただければ幸いです。

最適な駐車場の広さはどのくらい?

駐車場の基本の寸法

まず、車を停めるために必要な空間の大きさについてです。

私たちが設計をする際には、「どんな車を、何台停めたいか」を必ず伺います。

そのご要望によって、確保するべきスペースが決まるからです。一般的な普通乗用車の場合、幅2.5~3m×奥行5~5.5mを目安に1台分の駐車スペースとして確保します。

軽自動車はそれよりも少し小さめの空間でも大丈夫ですが、ドアの開閉などを考えると、よっぽどスペースが取れないような場所でない限り、普通乗用車と同じ程度の広さを確保しておいた方が良いでしょう。

このように車1台分の駐車スペースの大きさを知っておけば、あとは何台分のスペースが取れるのか、自分たちにどれくらいのスペースが必要なのかを考えることができ、駐車場の計画も立てやすくなります。

駐車場の活用法は?どんな駐車場にしたいか

次にどのような駐車場にしたいかを考えてみます。

コンクリート舗装

コンクリート舗装の駐車場 デザイン目地

駐車スペースを含む外構の設計を行う際に、お客様がよく仰るのは「駐車場はコンクリート敷きにしたい」ということです。

今はどこへ行っても舗装してある駐車場ばかりですし、実際、停めやすさや歩きやすさなどからも、コンクリートを打設した方が利便性の良い駐車場となります。場合によっては、駐車スペースとアプローチを兼ねていることもありますので、車の乗り降りだけではなく、日常生活での行き来や、お客様の訪問なども考えると、なかなか外せない要望です。その一方で、車を3台、4台…と停めたい場合には、全面コンクリート敷きにするとなると、おおよそでも50万円以上の予算が必要となります。

見た目としてはシンプルにまとまった雰囲気になり、石張りや伸縮目地のデザインなど意匠を凝らすことで、オリジナリティの高い駐車場になります。

砕石敷き

砕石敷きの駐車場 来客用にも対応

「予算の関係上、駐車場だけでこの価格は厳しい」という方には、砕石敷きをおすすめすることもあります。本当に必要な場所にだけコンクリートを打設して、その他のスペースは砕石を敷くことで、価格を少し抑えることができます。例えば4台分のスペースにおいて、2台分だけコンクリートにして、あと半分を砕石敷きにすると40万円ほどになりますので、およそ2割の予算削減となります。

また、砕石敷きの駐車場にした場合、のちのち樹木を植えたり、カーポートを設置したりと将来的な汎用性が高くなるのがメリットです。

その他(樹脂舗装、天然芝、天然石…)

天然石の石張りが映える駐車場

その他にも、樹脂舗装や天然芝、天然石敷きなど様々なデザインが可能ですが、注意しなくてはならないのが「車が乗っても良い材質かどうか」です。

車は1台当たり、軽自動車でおよそ1t、普通乗用車で1~1.5tほどありますので、その重さが毎日乗るとなると、コンクリートにも強度が求められます。そのためタイル張りを行う際にも、駐車場で使用してよい商品かどうかの確認が必要です。

デザイン性だけではなく、機能性や耐久性も最初に考慮しておくと、あとから「こんなことになるなんて知らなかった…」という後悔もしなくて済むかもしれないですね。

まとめ

  1. 駐車場は外構のデザインを考える際に、一番初めに考える「設計の基盤」となる場所です。はじめは、「どんな大きさの車を何台、どのようにして停めたいか」を決めます。そうすると、残りの空間をアプローチや植栽帯、多目的スペースなどどのような使い方ができるかも考えやすくなります。
  2. 車1台分のスペースならば、およそ幅2.5~3m×奥行5~5.5mが確保できると良いでしょう。あとは予算に合わせて、コンクリート舗装や砕石敷き、タイル張りなどをどの程度取り入れるのか決めていきます。その際に注意したいのは、車が乗っても割れないような強度の素材かどうかです。もしもお気に入りのタイルや天然石が見つかった場合は、それらが駐車場でも使えるものかどうかを確認しておきましょう。
  3. 駐車場は、土や砕石などコンクリート舗装でなくても車は停められます。しかし、ほとんどの方が毎日使う場所になりますので、今後の暮らしのことも考慮すると、出来れば何か舗装をしておいた方がずっと使いやすいと思います。「思っていたよりも高額だった」ということも少なくないかもしれませんが、そんなときには各銀行やクレジット会社で扱っているリフォームローンも利用できますので、まずはご相談ください。
    If you like this
    Please click.
    Click to share.
    thank you!

Message

思えば庭は
最高の学び舎でした。

FAQ

よくいただくご質問への回答集を
ぜひお役立てください。

Contact

お庭に関するご質問、ご相談、
何でもお気軽にご相談ください