Garden Column

最新ニュース、お庭づくりに役立つマメ知識、もっと家まわりを楽しむアイデアなど、旬な情報をお届けします

エクステリアデザインコンテスト2018 ブロンズ賞授賞式

  • 閲覧数71
三協アルミブロンズデザイン賞

この度、三協立山アルミ様主催エクステリアコンテスト2018ブロンズ賞を授賞しました。その受賞式の様子をご報告します。

こんにちは!愛知県安城市、刈谷市、知立市を中心に三河地域の外構・エクステリアの設計および施工を行っている株式会社ルボワです。ルボワについての詳しいご案内は、ぜひこちらをご覧ください。

以前、三協立山アルミ様主催のエクステリアコンテスト2018にてブロンズ賞を授賞したことはお伝えしました。弊社のスタッフがいろんな思いを込めて一生懸命つくったプランでしたので、他のスタッフ一同、とても嬉しい報告でした。

そして先日、名古屋のストリングスホテルにて行われた授賞式へ参加させていただきました。今回はそのときのご報告をさせていただきます。

授賞式には、同じく東海地区で活躍されている同業者の方がたくさんいらっしゃっていました。会場となっているストリングスホテル自体が、上品で落ち着いた雰囲気なのですが、会場内に入るとそこに少し緊張感が加わってより厳かな空気を感じました。

しかし、やはり外構業界のなかでも有名な会社の方々と肩を並べられるということはとても誇らしいことだと思います。

今回は全国から3,121件の応募があった中から、59の入賞作品が選ばれ、さらにその中の33作品にグランプリ~ブロンズ賞までの各賞が授与されました。

応募できる部門は全部で6部門あり、私たちはプランニング部門の中の「プレゼンテーション部門」にて≪ブロンズ賞≫をいただくことができました。

講評では、普段はなかなか見られない他社の図面やテクニックを見ることができ、とても勉強になりました。この良い雰囲気の中で高め合っていけるように「これからも頑張っていかなければ」と一層身の引き締まる思いです。

受賞作品デザイン

設計コンセプトは『「暮らす」「集う」「憩う」-澄んだ景色を味わう心地良い住まい』です。

弊社では普段から実際の生活を想像しながら設計していますので、人が歩く時の目線や、座ったときに見える景色など、どこの場所にいても「居心地が良い」と思えるような外構を心がけています。

また、お庭をきっかけとして自然と触れ合う愉しさを感じていただきたいとの思いから、植物は手が触れられる場所に多く配置し、人工物であるアルミ商品はそれらを収める額縁のように見立てています。

いつも植物のある暮らしをおすすめしているものの、実際に自然の物だけにこだわりすぎると、かえって生活は息苦しくなってしまうこともあるかもしれません。

ですから自然の物も、人工の物もお互いの良いところを引き出し合いながら、うまく設計に取り入れていくことが今もこれからも無理のない心地良い場所をつくっていくための重要なポイントなのだと思います。

受賞作品デザイン

審査員の方にも「土地の特性を生かしながら、楽しみをちりばめた演出が魅力的だった」と大変嬉しい言葉をいただけました。

今回、このような賞をいただけたことで、全社員が良い刺激を受けることができましたので、今までよりもさらにお客様に感動してもらえるような設計をしていこうと思います。

まだまだ寒さの厳しい日が続いていますが、春先のお庭に向けて考え始めるには絶好のタイミングです。

新しいご自宅を建てる方も、長年住み慣れたお家の雰囲気を少し変えたいという方も、外構は住まいの印象を左右する重要な要素です。一人で悩まずに、ぜひお手伝いさせてください。

    If you like this
    Please click.
    Click to share.
    thank you!

Message

思えば庭は
最高の学び舎でした。

FAQ

よくいただくご質問への回答集を
ぜひお役立てください。

Contact

お庭に関するご質問、ご相談、
何でもお気軽にご相談ください