Garden Column

最新ニュース、お庭づくりに役立つマメ知識、もっと家まわりを楽しむアイデアなど、旬な情報をお届けします

【お知らせ】8/21(火)臨時休業のご案内

  • 閲覧数45
夏の花火

臨時休業のご案内と恒例の季節のコラム。今回は、今が収穫時期の「ブルーベリー」の収穫量を増やす方法をお伝えします。

こんにちは!愛知県安城市、刈谷市、知立市を中心に三河地域の外構・エクステリアの設計および施工を行っている株式会社ルボワです。ルボワについての詳しいご案内は、ぜひこちらをご覧ください。

お盆休みも明けて、朝晩は涼しい日が続くようになってきました。秋が近づいてきているのを感じる一方で、気候の変化に体調を崩さないよう気を付けなければいけませんね。

さて、誠に勝手ながら、ルボワでは社員教育のため下記の通り臨時休業とさせていただきますので、お知らせいたします。

平成30年8月21日(火) 正午より終日

※8:30~11:00頃までは、通常通り営業しております。
※その後は留守番電話に切り替えさせていただきますので、恐れ入りますが、御用の方はメールにてお問合せくださいませ。翌営業日以降から順次ご対応させていただきます。

今回は、新しい資格試験にチャレンジしますので、また皆様にご報告ができるよう全力で臨みたいと思っております!

ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力いただけますようお願い申し上げます。

プチ・ガーデンコラム

ちょうど今が収穫時期にあたるブルーベリーについてのご紹介です。

ブルーベリーの実

初夏から9月頃までが旬のブルーベリーは、比較的育てやすく、果実は生のままでも食用にできることから人気の果樹です。

しかし、その特徴のひとつに「自家受粉しない」というものがあります。これはつまり、お庭に1本だけ植えていても実がならない可能性が高いということです。

そのため、収穫まで楽しみたい場合は、同系統の異なる品種を一緒に植えて、受粉させてあげることが必要になります。

現在、国内で流通しているブルーベリーの品種は3つの系統に分けられます。一つは「ラビットアイ系」、もう一つは「ハイブッシュ系」、最後に「ローブッシュ系」です。ローブッシュ系は野生種で、園芸用にはあまり向いていませんので、お庭に植えて実も楽しみたいなら、ラビットアイ系かハイブッシュ系がおすすめです。

特に、ハイブッシュ系は単体で植えても実がなりますが、やはり同系統で異なる品種のものを一緒に植えることで、結実しやすくなり、収穫できる量が増えるかも…?!

このように、収穫や開花など季節ごとに楽しめる何かがあると、お庭のある暮らしはもっとワクワクするものになりますよね。

ぜひ、お子様の成長を見守るような気持ちで、手入れも楽しんでくださいね。

“年間管理”のススメ

ルボワでは、お庭の植物の管理も承っております。年間を通じて管理いたしますので、「植物は好きだけど、お世話は苦手…」という方でも安心してお任せください。

お庭のこと、外構のことで気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

    If you like this
    Please click.
    Click to share.
    thank you!

Message

思えば庭は
最高の学び舎でした。

FAQ

よくいただくご質問への回答集を
ぜひお役立てください。

Contact

お庭に関するご質問、ご相談、
何でもお気軽にご相談ください